看護部長メッセージ

看護部長からのメッセージ

当院への就職を考えておられる方に、看護部についてお話させて頂きます。

当院は人間力・技術力を高める人づくり、組織づくりを目指しており、全員主役の組織です。
新たな企画や試みに関しても、理事長・院長をはじめとする他部門からの支援があり、働きやすい環境にあります。

「その人らしく」成長できるよう支援しています。

新卒者か既卒者かにこだわらず、一人ひとりの学ぶ力を尊重します。
当院の教育システムに合わせて丁寧・親切に指導し、実践においては患者さまと心が通う、信頼される看護を目指します。
お互いの成長を支えて高め合える環境づくりを行い、やり甲斐や喜びを感じられるように支援します。
幅広く様々な分野に精通して実践力を高めることはもちろん、専門職としてもさらにキャリアアップができるようサポートしています。

看護のプロとして、一人ひとりが倫理観と実践力を持てるよう、トリプルHを達成できるよう取り組んでいます。

Head :カシコク 確かな知識・技術を実践し、適切に判断し行動できる
Hot :アツイ  仕事に対する熱い思い、将来のあるべき姿が語れる
Heart:ヤサシク 思いやりをもち、相手の立場に立って考えられる

ユマニチュード®技法を取り入れたケアを行なっています。

「ケアする人とは何者か」という哲学に基づいて、正しいレベルのケアを選択し、知覚・感情・言語による包括的コミュニケーションを行う技法であるユマニチュードの取得に、法人全体で取り組んでいます。
ユマニチュードは認知症の方のケアを行う際に用いる手法の一つですが、認知症の方に限らず全ての方に活用することができます。この手法を用いて正しいレベルのケアを行うことで、ケアを受ける人と行う人の双方が「よかった」と感じられる関係を築くことができる、と考えています。

「その人らしく」生活の場で支えるための支援をしています。

看護師はチーム医療の推進役として、多職種と院内・院外で連携しながら活動しています。
退院支援部門は、患者さまの外来受診段階から取り組みを始め、入院部門に繋ぎます。入院中は退院後の生活をイメージしながら、患者さま・ご家族が引き続き安心して住み慣れた地域で生活していくことを目標に、各種の調整を行います。
温かな看護を継続的に提供すると共に、患者さま・ご家族の支援など地域包括ケアシステムの実現に向けても取り組み、笑顔で暮らせる生活支援型病院を目指しています。

看護部長 福地洋子

看護部の理念

「私たちは、専門職として誇りを持ち、
患者さま、ご家族、地域の皆様の立場を尊重し、
安全で質の高い看護を実践します。」

看護部基本方針

     
  • 1. 一人ひとりの人格・権利を尊重して支援します。
  •  
  • 2. 医療チームの連携を深め、安全で安心な納得できる看護を提供します。
  •  
  • 3. 自己能力の開発に努め、より質の高い看護を追い求めます。