働く場所としての東山看護部の魅力

病院について

当院は2011年末に病棟を新築、全面移転しました。
それに伴って設備や機械も更新し、電子カルテ等のシステムも導入しました。

規模は決して大きくありませんが、逆に広すぎない分、動線が近くて働きやすいといえます。
職員間の連携も取りやすく、カンファレンス等も活発に行われて意思疎通がスムーズにできる環境です。

当院は免震構造です

当院の建物は「免震構造」を採用しています。
地震の揺れが建物に伝わりにくく、震度7の地震にも耐えうる耐震安全性が高い構造です。
大規模災害の発生時には、当院は調布市の災害拠点連携病院として災害医療を担うことになっており、毎年10月には全職員の他、調布市等と合同で災害訓練も行っています。

調布について

調布は新宿へ最短で15分、都心へ非常に便利な場所です。古くから映画・映像関連産業が発展し、「映画のまち」としても知られています。多摩川をはじめとする森林などの自然も多く、とても住みやすいエリアです。
京王線調布駅は2012年に地下化され、現在は線路跡地の再開発事業が進行中です。3つのビルが建設中で、当院に隣接する建物には多摩地区最大級のシネマコンプレックス(複合映画館)が入る予定になっています。

近隣スポットの紹介

調布には名所がたくさんありますが、その一部をご紹介します。

鬼太郎通り(天神通り)

調布といえば鬼太郎。特に「鬼太郎通り」は有名で、通りの随所にキャラクターのオブジェがあり、またマンホールにもキャラクターがデザインされています。原作者の水木しげる先生も、50年以上調布に住んでおられました。

布多天神社

鬼太郎通りから数分、1000年以上前に創建された歴史のある神社です。原作ではここの奥が鬼太郎の棲家で、ファンには"聖地"とされています。鬼太郎のおみくじも売られています。
境内には牛を尊んだ菅原道真公にちなむ大きな牛の像があり、鼻をなでるとご利益があるとか。

大正寺

布多天神社の隣にあり、大通りに面しているのを忘れる程の静寂と、境内の深い緑が荘厳な雰囲気を醸し出す隠れた名所。見学も可能ですので静かな雰囲気に浸りたい時にはおすすめです。

調布飛行場

あまり知られていませんが、調布には飛行場があります!
伊豆諸島への定期便が就航しています。

国立天文台三鷹キャンパス

全国にある国立天文台の本部で、世界最先端の観測施設を有する天文学のナショナルセンター。
日本の天体観測の歴史を示す貴重な施設や現在進行中の天体プロジェクトの資料が公開されており、最新鋭のドームシアターで映像視聴もできます。
見学は無料、太陽観察会や公開望遠鏡による観望会なども定期的に開催されています。詳細は国立天文台のサイトでご確認ください。

深大寺・神代植物公園

深大寺は1300年の歴史を持つ自然に恵まれたお寺で、隣接の神代植物公園とあわせて都民の憩いの場として親しまれています。地元の豊かな水を生かした、名物の「深大寺そば」は有名です。
門前には風情のある町並みが並び、休日にはたくさんの観光客で賑わっています。

調布のイベント

  • 野川の桜ライトアップ(4月)
  • 調布市観光フェスティバル(5月)
  • 調布市花火大会(8月)