お問い合わせ電話番号一覧

8:30~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

受診の流れ・判定結果の見方・注意事項

受診の流れ

検査前

ご予約

当センターは、予約制とさせていただいております。
検査ご希望の2週間前までにお電話、もしくは予約フォームからご予約をお取りください。

お申し込み・お問い合わせ

専用番号 042-481-5515(直通)
月~土曜 9:00~16:30(祝日・年末年始(12/30~1/3)を除く)

予約時に確認させていただく内容

共通項目

  • お名前・生年月日・ご住所・電話番号
  • 当院の診察カード番号(お持ちの方のみ)
  • ご希望のコース、オプション
  • 希望日時

必要に応じて確認させていただく項目

  • 健康保険証番号

※上記に加え、それぞれ以下の項目を確認させていただきます。

契約健保・企業の方 ご加入の健康保険組合・企業、仲介業者(健康診断予約代行機関)
協会けんぽ加入の方 協会けんぽ支部へ郵送する「生活習慣予防検診申込書」原本
特定健康診査の方 配布されている受診券、健康保険証
調布市市民健診の方 配布されている受診券とその色、健診番号(※)

 ※健診番号=のマーク内の番号

 

ご案内の送付

受診日確定後、予約日より5日前までに以下のものをご自宅へ郵送いたします。

  • 健診に関する書類
  • 事前注意事項
  • 検体容器等

※内容はコースによって異なります。
詳細は同封のご案内をご確認ください。

 

当日の流れ

受付で事前に郵送した資料をご提示ください。

※検体は採取し、書類は必要事項をすべて記入の上でお持ちください。

必要に応じて提示していただくもの

  • 健康保険証

該当の方のみ提示していただくもの

  • 受診券
  • 利用券
  • 所定の結果表
  • 問診票

受付後、検査着に着替えて検査に進んでいただきます(検査によっては着替えが必要ない場合もあります)。
検査に支障をきたす場合がありますので、アクセサリー・イヤリング・ピアス等は外してください。

検査の終了後は、受付にて最終確認をさせていただき終了となります。

 

結果の報告

結果通知

検査終了後、2~3週間程度で結果報告書を郵送させていただきます。

 

検査後のフォローアップ

再検査もしくは二次検査を希望される場合は、当院外来にて承ります。
お電話もしくは直接1階予約受付にてご予約をお取りください。

外来予約センター

予約専用番号 042-481-5558(直通)
受付時間: 9:00~16:30
(日曜・祝日・年末年始(12/30~1/3)を除く)
1階予約受付
受付時間: 9:00~17:30
(日曜・祝日・年末年始(12/30~1/3)を除く)

セカンドオピニオンをご希望の方にはご紹介もいたします。
検査データ等が必要な場合も、お気軽にお申し出ください。

 

医師からの結果説明をご希望の方(人間ドック受診の方のみ)

人間ドック受診の方で、報告書の内容について医師による説明をご希望の方には、結果説明の時間を設定しております。
ご希望の方はお電話にてご予約ください。

曜日 木曜日・金曜日・土曜日
時間 14:00~16:30

 

 

判定結果の見方

A・・・異常ありません
今回の検査では異常なしです。
B・・・僅かに所見ありもほぼ正常

僅かに所見を認めますが、日常生活に支障はありません。

C・・・経過観察を要します
経過観察を要します。一定期間の後、再度検査を受けてください。
D1・・・要医療
ただちに病院を受診し、医師による治療を受けてください。
D2・・・要精密検査
精密検査を要します。ただちに病院を受診してください。
E・・・治療継続を要します
かかりつけ医にて引き続き治療・経過観察してください。

 

注意事項

採血検査に関して

  • 食事によって影響を受ける項目があります。朝食は食べずにお越しください。
  • 水・お茶程度のカロリーのない水分補給は可能です。
  • 糖尿病以外のお薬は服用していただけます。

 

糖尿病の治療中の方

  • 朝のお薬やインスリンは中止してください。
  • 昼・夜の調整については、主治医の指示に従ってください。

 

胃部X線検査(バリウム検査)に関して

  • 前日の夕食は21時までにお済ませください。
  • 24時までは、水・お茶程度のカロリーの無い水分補給は可能です。以降、検査が終了するまで飲食はお控えください。

 

※下記に該当する方は、事前に医師とご相談ください。

1. 誤嚥の可能性がある方

  • 以前に胃部X線検査で誤嚥(気管にバリウムが入ってしまうこと)をしたことがある方
  • 食事中いつもむせる方
  • 脳神経疾患などで嚥下機能に障害のある方
  • 甲状腺・食道・喉頭・舌・肺などの手術により、むせやすくなった方

※検査時にむせてしまうと、バリウムが肺に入って誤嚥性肺炎を起こすことがあるため、保険診療(ご負担金あり)を受診していただき、抗生物質の投薬などの加療が必要となることがあります。予めご了承ください。

2. その他

  • 以前に胃バリウム検査を受けて便秘、腸閉塞を起こしたことがある方
  • 胃・十二指腸の手術を受けた方
  • 胃・十二指腸疾患で現在治療中、または経過観察中の方
  • 胃部の手術をして1年を経過していない方
  • 体位移動が困難な方
  • 高度難聴の方

 

MRI検査について

MRI検査は機械の特性上、化粧品に含まれる金属成分が発熱する現象により、メイクしたままの実施は火傷を引き起こすことがあります。
MRI検査時にはメイクを落としていただくようお願いいたします。

 

その他

検査によって注意点が異なります。事前に郵送するご案内にてご確認ください。
また、食事についても記載がありますのであわせてご確認ください。

 

妊娠・授乳中の検査注意事項

検査項目 妊娠中 授乳中
MDL
×
授乳中の方はご相談ください。
レントゲン
×
CT
×
MRI
×
マンモグラフィ
×
×
張っている乳房はマンモグラフィ上高濃度となり、診断精度の低下が予想され、正しい診断ができません。
乳腺超音波
腫瘤像の判断が困難な場合があります。
胃部内視鏡
×
授乳中の方は鎮静剤の使用が不可となりますが、検査は実施可能です。