お問い合わせ電話番号一覧

8:30~16:30
日祝休診

外来 事前のご予約 042-481-5558
ご予約がない
当日受診
042-481-5511
人間ドック・健診の予約・
お問い合わせ
042-481-5515
医療・介護機関の皆さま
(地域連携室)
042-481-5044
調布東山病院外来透析室 042-481-5614
桜ヶ丘東山クリニック 042-338-3855
喜多見東山クリニック 03-5761-2311
採用情報 042-481-5520
代表・その他お問い合わせ 042-481-5511

東山会の詳細

法人概要

東山会は、7対1一般急性期病院 である調布東山病院と、人工透析を専門とする桜ヶ丘東山クリニック、喜多見東山クリニックの3つの医療機関を運営しています。また調布東山病院には透析センター、内視鏡センターの他、予防医療を担うドック・健診センターを擁しています。2016年10月には調布東山病院の訪問看護部門を独立させ、新たに東山訪問看護ステーションを開設しました。
今後も診療所の先生方や介護福祉施設・行政などと協力し、地域全体の医療の質を高めて行きたいと考えています。

医療法人社団 東山会

理事長 小川 聡子
設立 1989年

調布東山病院

院長 須永 眞司
開設 1982年
診療体制 病床数(一般83床、透析66床)、一般急性期病院、7対1入院基本料
診療科 内科、消化器内科、糖尿病・内分泌内科、血液内科、循環器内科、呼吸器内科、神経内科、腎臓内科(人工透析)、外科、消化器外科、大腸・肛門外科、整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科、皮膚科、泌尿器科、麻酔科、放射線科
職員数 333名(2017年4月現在)
所在地 〒182-0026 調布市小島町2-32-17
最寄駅 京王線「調布」駅
電話番号 042-481-5511(代表)

当院は一般急性期の病院です。急性期病院とは、急な病気や怪我、 持病の急性増悪などの重症で緊急に治療が必要な患者さまに対し、入院や手術・検査などの高度で専門的な医療を行う医療機関です。入院期間を2週間程度とすることが定められているため、症状が安定して落ち着かれたところで、次の段階として専門的なリハビリ等が可能な医療機関や、長期滞在が可能な施設等をご紹介させていただきます。
急性期病院として機能を果たすために必要な取り組みとなりますので、ご理解をお願いいたします。

桜ヶ丘東山クリニック

所長 片岡 肇一
開設 1990年
病床数 透析40床
職員数 29名(2017年4月現在)
所在地 〒206-0011 多摩市関戸2-24-27三ツ木聖蹟桜ヶ丘ビル1階
最寄駅 京王線「聖蹟桜ヶ丘」駅
電話番号 042-338-3855

多摩市において20年以上に渡り、人工透析専門クリニックとして、慢性腎不全の患者さまの治療を行っています。
2014年には京王線聖蹟桜ヶ丘駅徒歩3分の新施設に移転、移動や災害時の避難がしやすい建物の1階で透析医療を提供できるようになりました。また2015年からは送迎バスの運行も開始しました。
患者さまが安定した透析生活を送りながら、何より笑顔で生活を楽しんでいただける医療を目指して、これからも努力してまいります。

喜多見東山クリニック

所長 高橋 恵子
開設 2001年
病床数 透析34床
職員数 25名(2017年4月現在)
所在地 〒157-0067世田谷区喜多見9-10-3
最寄駅 小田急線「喜多見」駅
電話番号 03-5761-2311

小田急線「喜多見」駅より徒歩5分、住宅街の静かな療養環境の中にある当クリニックでは、住み慣れた地域での継続した質の高い医療を目指して日々診療にあたっています。
私たちは日常の透析治療において、患者さまの個々の病状に応じた各種血液浄化療法、透析液の清浄化、合併症の早期発見・早期治療、さらに最も大切な「心のこもった医療」を行い、患者さまの生活の質(QOL)の向上を目指しています。

東山訪問看護ステーション

管理者 前田 恭子
開設 2016年
所在地 〒182-0026 調布市小島町2-32-17 調布東山病院内
最寄駅 京王線「調布」駅
電話番号 042-481-5626

調布東山病院では1987年に訪問看護部門を設置、約30年に渡り積極的に在宅医療に取り組んできましたが、在宅療養支援機能をさらに充実させるため、2016年10月に「東山訪問看護ステーション」を独立した事業所として立ち上げました。
今後も調布東山病院と密接に連携しながら、さらに訪問看護に力を入れていきます。

沿革

主な出来事
1982年
(昭和57年)
10月 調布東山病院開設(一般病床83床、透析病床16床)
1983年
(昭和58年)
4月 看護婦寮を整備
1984年
(昭和59年)
4月 院内保育所開設
1985年
(昭和60年)
10月 透析病床を増床(26床)
1987年
(昭和62年)
9月 訪問看護事業を開始
1988年
(昭和63年)
4月 第1回糖尿病教室を開催
1989年
(平成元年)
4月 医療法人認可 「医療法人社団東山会」設立
1990年
(平成2年)
4月 桜ヶ丘東山クリニック開設(透析病床33床)
1991年
(平成3年)
1月 たけのこ保育園開設
1995年
(平成7年)
4月 調布東山クリニック開設(透析病床50床)
1998年
(平成10年)
1月 集団給食施設栄養改善知事賞を受賞
2000年
(平成12年)
2月 居宅介護支援事業を開始
2001年
(平成13年)
6月 喜多見東山クリニック開設(透析病床34床)
2002年
(平成14年)
9月 日本医療機能評価機構認定取得(調布東山病院「一般病院A」)
2003年
(平成15年)
2月 調布東山病院西側駐車場開設
6月 事務棟を新設
2004年
(平成16年)
4月 地域医療連携室(現:地域連携室)を設置
2005年
(平成17年)
整形外科に一部予約制を導入
2006年
(平成18年)
2月 たけのこ保育園・看護師寮新築移転
2007年
(平成19年)
9月 日本医療機能評価機構認定を更新(調布東山病院「Ver.5」)
2008年
(平成20年)
4月 調布東山病院 特定保健指導開始
2009年
(平成21年)
6月 たけのこ保育園 24時間保育を開始
2011年
(平成23年)
12月 調布東山病院 敷地内に病棟を新築し全面移転
2012年
(平成24年)
3月 調布東山クリニックが調布東山病院3階に移転(現:透析センター)
2014年
(平成26年)
1月 桜ヶ丘東山クリニック移転、増床(透析病床40床)
2015年
(平成27年)
4月 訪問リハビリテーション事業を開始
2016年
(平成28年)
8月 調布東山病院 救急告示病院指定
10月 訪問支援室を改組、東山訪問看護ステーション開設
開院当時の調布東山病院
(旧)桜ヶ丘東山クリニック
(旧)調布東山クリニック
喜多見東山クリニック
雑誌にも紹介されました
(たけのこ保育園)
旧病院と新病院
桜ヶ丘東山クリニック(現在)
現在の調布東山病院

施設基準(調布東山病院)

基本診療の施設基準

  • 一般病棟入院基本料 7対1
  • 診療録管理体制加算2
  • 医師事務作業補助体制加算1(25対1補助体制加算)
  • 急性期看護補助体制加算(25対1看護補助者5割以上)
  • 夜間100対1急性期看護補助体制加算
  • 夜間看護体制加算
  • 看護職員夜間12対1配置加算1
  • 療養環境加算
  • 医療安全対策加算2
  • 感染防止対策加算2
  • 患者サポート体制充実加算
  • 退院支援加算1
  • 認知症ケア加算2
  • 病棟薬剤業務実施加算1
  • データ提出加算2

特掲診療料の施設基準

  • 糖尿病合併症管理料
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • 糖尿病透析予防指導管理料
  • 外来リハビリテーション診療料
  • ニコチン依存症管理料
  • がん治療連携指導料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 在宅療養支援病院
  • 在宅時医学総合管理料及び特定施設入居時等医学総合管理料
  • 在宅がん医療総合診療料
  • 在宅患者訪問褥瘡管理指導料
  • 持続血糖測定器加算
  • 検体検査管理加算(Ⅰ)(Ⅱ)
  • 画像診断管理加算2
  • 時間内歩行試験
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料
  • 透析液水質確保加算1
  • 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6に関する手術
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則16に関する手術
    【胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)】
  • 輸血管理料Ⅱ
  • 輸血適正使用加算
  • 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
  • 特別の療養環境の提供

各種認可認定(調布東山病院)

  • 保険医療機関
  • 救急告示病院
  • 労災保険指定病院
  • 被爆者一般疾病医療機関
  • 生活保護法による医療機関
  • 腎臓に関する更生医療
  • 結核予防法指定医療機関
  • 居宅介護支援事業者
  • 東京都肝臓専門医療機関
  • 日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設
  • 日本消化器病学会専門医制度関連施設
  • 日本リウマチ学会教育施設
  • 日本透析医学会専門医制度教育関連施設
  • 日本総合健診医学会・日本人間ドック学会認定人間ドック健診研修施設
  • マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定施設